HOME > ちょっといい話TOP > 【うれしい話】
contentstop

ちょっといい話

2014/07/11
愛光苑とよしな

【うれしい話】

 ある日の早朝、介護員より入居者様の容態が悪くなったと、愛光苑の看護師に連絡がありました。急きょ看護師の手配により救急車で病院に搬送され、大事に至らなかったということがありました。このことにつきまして、ご家族様よりケアマネ様を通じ次のような御礼の言葉を頂きました。

 

「『ひと山は超えました、愛光苑さまで本当によく発見していただき善処いただいたおかげで命が今あります』と大変感謝されておりました。とのことでした。

 またご担当のケアマネージャーの方からも「その後の状況を考えるに、回復の方向性があったとしても、重症化するであろう事から、大変お世話になりました。」と言葉をかけて頂きました。

 ご家族様もご心配だったと思うと、本当に良かったと思います。これからも入居者様、ご家族様に安心していただけるように「愛光苑」全員で頑張っていきたいと思います。

 

関連資料

ページTOP
contents